スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きに考えられる人と内向きな人

こんばんは。

そして気づけば既に平日を迎えておりました。


さて、お題ですが。

「前向きに考えられる人と内向きな人」と書きました。


前向きに考えられる人って、当の本人に直接インタビューしたわけではないのでこちらの主観で勝手に書いてしまいますが、もともと生まれつきの性格で前向きだったのかというとそうでもなかったりするみたいですね。

それは後者の内向きに考えられる人にも当てはまるようで。


結局のところ、もう既に皆さんもご存知のとおり、生まれ持った気質とかスピリチュアル的な話は無視して(というかそんなのは知らんが)、

皆さんが子供の頃にすごした経験をどう受け止めるかによってその後の考え方がポジティブになるか、ネガティブにずっと引きずっていくかで大きく変わっていくのが殆どだと思います。


かくいう私も、後者の内向きタイプで、経験によってもともと明るい性格だったところに影が入ってしまい、そのままネガティブモードへ突入し、ずっと潜伏期間をさまよっているという非常に息苦しい状態でおります…orz
※モード以降→潜伏って、パ○ンコかい!w



コミュニケーションに偏りがあるということは、これまでのブログでふれた(はず)と思いますが、

その”予兆”が出たのが小学生時代。


始めは、勉強時間や質疑応答で答えなければならないときにしばしば起こった。



・人の話が聞けない→なかなか興味がわかないことには頭がはいってこない

・先生や親兄弟にも同じ事を幾度か言われ、「自分はできないやつ」というディスカウントが濃くなり始める



次に、ネガティブ色が強くなりはじめた時期が中学生の部活だった。


・人の話がなかなか頭にはいってこないために、的確な対応がとれず、再度質問したことを聞いて二度手間になる
 →時間のロスとなり、人の迷惑になる
 →相手の機嫌を損ねるのがいやなので理解した振りをしてやりすごす
 →結果的に同じことなので再び相手を不快にさせる

・相手の意図していることをそのまま理解し、的確に行動が取れない
 →信頼を失い、人に頼まれなくなる
 →さらに自身を失っていくという悪循環
 →いじめのターゲットになりやすくなる



ええ、今書き出してもあのときのいやな記憶と悲しくも悔しい気持ちがよみがえってきますよ…


引き続き、高校での部活でまた苦い経験を味わうことに―



何で私だけこうなるの?


なぜか相手の話している内容をちゃんと聞いていても上手く要点がつかめない


私はこのまま、相手を失望させる行動しかとれずに行くのか?


結局私は出来ないやつなんだ…


私はキチガイ キチガイ キチgy......




ええ、辛くて泣いたことはありますよ。

めったに泣く姿を親にも見せたことがないのに、こればかりは…


結局この特性?が、後に社会人になってようやく分かってくるのですが、

この続きは後ほど。




とまあ、テーマに沿った内容をちゃんと書こうにも、自分のネガティブマインドが強すぎて冷静におさめられていないですね。

前向きにするためには過去・現在も躓いている問題から目を背けて何もしないまま嘆くのではなく、
どうやって今の問題から改善、あるいは出来ることに特化していくのかを見定めていく必要があるんですが。


自分のことをコントロールできないと、どの道相手のことまで考える余裕なんてないわけで。


逆に今の状態だと、相手にコントロールされて流されるままの人生で終わってしまうので、
いくら今の自分が憎くてしょうがなかろうが、明日もあさっても刻々と時間が過ぎていくだけなんで。

結局自分に腹が立って自分を殴ろうが、頭を壁にたたきつけようが、
そんな無力でゴミな自分を扱っていかなければいけないのが苦しくも辛い。


別に自分のことが心底好きになるつもりもないし、必要もない。


ただ、どうやってこのガラクタなヤツを上手く扱い、操縦できる術を見つけられ、昔のようにバカみたいに好きなことを無我夢中で侵食忘れて生きて行けれるのか?


その方法を早く見つけ出したいだけ。


別にいまさら人並みの幸せといわれるありきたりなレールを生きていきたいとは思わない。


ただ、本当に自分を上手くコントロールしたいだけ。


「答えは自分の中にある」なんて前にも使ったが、


実際ほんとに層なのかはまだ分からない。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

↑はい。

これをだらだらと書いたところが、今まさにネガティブで悲観的になったときの私が書いた”感情的”なものになります。

反省点。
ここでテーマに漏れずに冷静に相手に伝えられているブログがかけているか?

否。

結局何が書きたかったのか?

学生時代や家庭環境(あれ?)のポジティブ・ネガティブな経験を経て、私のようにどっぷりネガティブに陥るパターンもいれば、このクソ野郎と奮発して何とか逆境を乗り越えていく人と別れますよってことが書きたかったのです。

……。

これは記事の構成失敗でしたな。
お目汚し失礼を。

再度見直して攻勢します。

では、一旦引き上げます


ネガティブ・マインド―なぜ「うつ」になる、どう予防する (中公新書)

中古価格
¥1から
(2014/10/20 01:50時点)




回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)

新品価格
¥907から
(2014/10/20 01:52時点)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

きすく

Author:きすく
■動画職人(アマチュア)

・年代(バブルはじけた直前)

・血液型で人を選別する人間は嫌い

 (4つの型で人間が選別できるほど単純か?)

・好きな映画(ジャンル)、本
 主に考えさせられるもの、ミステリー(謎解き)、ドキュメンタリー、サスペンス、ホラー系、一部SF
「2001年宇宙の旅」「メメント」「SAW(Ⅰ)」「AKIRA」「MEMORIES」「鴨川ホルモー」

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
5032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
806位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。