スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の生き方の見直し(せざるをえない)…

こんばんは。

何事も続けるということがなかなかできない"ダメ人間"まっしぐらのきすくです。



突然ですが。

ある日、仕事先の人から言われた事で、「やはりここまできたか」と思いました。

具体的な内容は書けないのですが、簡単に説明すると

自身のスキルの要となる基礎部分を指摘されたとだけ申し上げておきますが、

どちらにせよ時間の問題であり、いずれ指摘される時が来るとは分かってはいました。


かつてきすくはブログで美術大学出身であることを書きましたが、

就活~大卒以降は特に趣味や気晴らしなどで絵を描き続けていたわけではなく、

自身が大学で専攻していたデザイン学科という理由だけをもとに、絵を描く・デザイン職を希望し、就職しました。


しかしながら、当然仕事なので自分にとって苦手なジャンルであれ、

さらにそこに生活がかかっている分やらなければならず、

自らを奮い立たせ、"いやいやながらも"描いていました。

そして、いつのまにか"やらされている感"で仕事を請けるためにそれが習慣化していき、

次第に絵の関心も薄れていきました。

仕事と趣味を一緒にするなという話を聞きますが、まさに自身が該当していたようです…(-_-;)

(もはや絵を描く行為自体見る影もない…)



これは一体何を意味するか?

言うまでもなく、


絵を描く能力(デッサン力)が衰えたことを意味し、

"仕事にしていくための必要な能力の低下"

を宣告されたということです…


プロのスポーツ選手で言う"戦力外"ほどには至っていないものの、

昇給できるほどのスキルどころか、それ以前にルーキーなみの能力ですよと言われたのとほぼ同じことです。




無理もありません。

現に、仕事以外での努力も含めて怠っていたのですから。

遅かれ早かれ時間の問題だっただけで、この時期になって結果が明るみになっただけのこと。



こうやってみると、改めて"筋力"と同じですね。

(って、自分のことなのに冷静に書き込んでいる時点でどうよ?と自覚しながら)

基礎体力がなっていないと全体の筋力を上げようにもできず、すぐに息切れしてしまうし、

仮に気持ちはあっても体が付いていかなければせっかくの意欲も薄れるわけで。

極めて単純な事だけど、基礎的な部分というのは大事という当たり前のことを改めて痛感させられたということです。

…と、当の本人はまるで人事のように書いているが。



別に大事という程でもないです(他人からしたら)。

今日まで自身が怠っていたこと・向き合ってこなかったことに対して逃げようがないところまで

来てしまったということだけであり、当然の結果と言えます。



「これからどうするの?きすくよ。」

「これ以上落ちたらどうにもならなくなるぞ」



はい。


おそらく現在、きすくは岐路に立たされているんだと思います。

…というか、もう"危機感"の薄さと自覚のなさがまずい。


自分の力で食べていく器量が落ちて今後の生活が危ぶまれているということだろうが!。

このまま"破滅の脚本"のままバッドエンドで幕を閉じたいのか?



――しかし、軌道修正するタイミングすら分からずに

あれよあれよと引きずってしまい、今日に至るというオチ。

せっかくの転機を転機とすら気づけずに自ら目の前のチャンスを逃しているようなもの。

というか、「現在進行形」で逃している。


正確な情報も取捨選択できず、限られた狭い価値観の中で判断を下し、

ミスしたときに咄嗟に判断できずに軌道修正するタイミングを逃すこととなり、

さらには、弱っている状態に上手く付け込んで"洗脳"してやろうと悪意をもった連中に引っかかり、

自信を失い、悪循環に嵌ってしまう。


そして一度そこに嵌ると、自分が自信を失った切欠から「どうして自分だけが~」「どうしてこうなってしまったんだろう」という原因探りをはじめ、

原因どころか"言い訳"探しを始めだす始末。


こういった"ゆでガエル"状態というのは、実はもっとも危険な状態。

とりわけ、この状態は「自分」という砦を守ることを"放棄"していることと同じなので、

自ら首を絞める行為をする"自滅モード"に走り出す。


さらに自分に追い討ちをかけるかのごとく…orz↓
この漫画を読むとさらに気分はブルーどころか真っ黒へっっ!!(><)

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

新品価格
¥5,999から
(2014/9/27 00:54時点)





断言します。


今さら自分でやってしまったことだからある程度は自業自得ですが、あまりにもやりすぎると

かつて自分が好きだったものが嫌いどころか

「一体自分が何が好きで楽しかったのか」が分からなくなります。



だからこそ言います。



今、他人事ながらたまたまとおりすがりに読んでいる人+自分自身へ。
(急に他人を巻き込んでしまいますが)



あるいはどこかで気持がむず痒く感じているなど違和感を覚える人は

今すぐ以下の行動をとってください。




①先ずは"自己卑下"をやめなさい。


でないと、


本当に自分が何だったかが分からなくなります。

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

新品価格
¥535から
(2014/9/27 01:01時点)





さらに"警告"します。


今現在、


・引きこもりを続けている人(親と同棲中)


・自傷行為を続けている人


・社畜生活であると自覚している人


・仕事と家が往復になっているだけの生活の人(または、学校と家のみ)


・このブログを書いた"張本人"




あらかじめ断っておきますが、当然あなたと私は顔を合わせていないうえに見ず知らずの他人ですし、

ましてや今日一日で「おまえに俺・私のなにが分かるんだこの○○!!(激昂)」というのは当然言いたくなるのは分かります。

というか、このブログをかいている本人がまさにやっている状態だからです(苦笑)。

過去に戻ってやり直せるなら修正したいし、そのまえに生まれたことすらなかったことにしたいくらいだし。
(そもそもマインドが変わらないから)



半ば脅しをするような言い方になってしまいましたが、

人間は目の前にある危機感や飢えに対して身近に感じるか、まさに"身にしみて"いる状態でなければ

なかなか行動できない生き物です。



とりかえしのつかないうちに。

しかし、この言葉がなかなか浸透しないのが歯がゆいけど、




「今」


「できる範囲で」


「行動」


「しなさい」。



行動してみることで人生は開ける―まず、できることから、やってみる (PHP文庫)

新品価格
¥555から
(2014/9/27 01:03時点)



行動の前に、"でも…""だって~"は

あなたが「今まで」そして「今も」さんざんやってきたことです。


ということは、「これからも」同じ過ちを繰り返すこと=変わらないことを意味します。


先ずは、騙されたと思って行動すること。

はじめは3日坊主でもかまわない。

そして、続かなかった自分を"責めない"。


責める行為は「これまで」飽きるほどやってきたことであり、死ぬ直前でも"いつでも"できます。

そして、死ぬのもいずれ"自然に"やってくることであり、自ら望むまでもなく死ねます。



③「本・マンガ・小説・映画」を読みなさい(見なさい)。

最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]

新品価格
¥3,063から
(2014/9/27 01:04時点)




とりわけ特に趣味もなく、ムダに時間を過ごしているという自覚のある人。

その上、ジャンルが偏っていて価値観がせまいと思うのならなおさら読むべし。

注)ただし、エ○ビデオや一時的な自己満足しかやっていないという該当者は
 これまで手にとったことのないジャンルに手をつけてみること!!最初は寝てもかまいませんが、
 最低一週間はねばってみましょう(強制)。



LIFE!/ライフ [DVD]

新品価格
¥2,300から
(2014/9/27 01:05時点)




それと、ネットしかみないのはNGです。

なぜなら、ネットだけだと自分の興味範囲"しか"見なくなり、偏った情報になってしまうためです。

N○Kの集金など面倒くさいことは避けたいがためにテレビを敬遠している人も多いと思いますが、

たまには見てみるといいでしょう。集金の撃退方法はネットで調べれば幾らでもあるので割愛しますが(ようつべetc)。



④一日・最低一週間でも「人と会話すること」。

中には平気な人もいるかと思いますが、人間やはり感情の生き物ですし、
会話しない状態が続くと言語能力(コミュニケーション能力)が当然衰えます。
いざ必要となる会話のシチュエーションや語彙力、とっさの判断力など鈍るため緊急事態に対応できなくなり、
結果的に自分の首を絞めることとなります。



⑤さいごに、運動を「やめないこと」。

日ごろ当たり前に体が自由に効くとは思うな。
いずれ"その時"が来たときになっても時間は二度と戻らない。


以上。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2014/9/27 00:58時点)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

きすく

Author:きすく
■動画職人(アマチュア)

・年代(バブルはじけた直前)

・血液型で人を選別する人間は嫌い

 (4つの型で人間が選別できるほど単純か?)

・好きな映画(ジャンル)、本
 主に考えさせられるもの、ミステリー(謎解き)、ドキュメンタリー、サスペンス、ホラー系、一部SF
「2001年宇宙の旅」「メメント」「SAW(Ⅰ)」「AKIRA」「MEMORIES」「鴨川ホルモー」

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
6819位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
1052位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。