スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挫折エピソード(アニメ編)

こんばんは。きすくです。

いずれ数秒単位で埋もれていくであろうブログには過ぎませんが、
いまさら卑下しようがかまわず今夜も書かせていただこうとも思います。


前回は"挫折"をひとつの「通過点」として乗り越えることについて書きましたが、
今回はもうひとつのエピソードを挙げようかと思います。
今回は現実の体験談ではなく、漫画(アニメ)から見る話をしようと思います。


皆さん、「ピンポン」という漫画はご存知でしょうか?

そうです、以前にクドカンこと宮藤官九郎監督によって映画化されたことのある"あの"漫画です。
っていうか、書いている本人が懐かしいなぁーと思い出しているところですが、
窪塚洋介をはじめ、各俳優がはまり役だったと思いますし、サントラもマッチしていたと思います。

ピンポン Blu-ray スペシャル・エディション

新品価格
¥3,335から
(2014/9/30 23:25時点)




殆どの方がご存知かと思いますが、「ナンバーファイブ吾」「鉄コン筋クリート」でおなじみの漫画家・松本大洋原作の卓球(スポ根)漫画で、ペコとスマイルという2人のキャラクターをメインに、卓球を通しての青春劇として描かれたものとなっています。

ピンポン (1) (Big spirits comics special)

新品価格
¥944から
(2014/9/30 23:48時点)




原作は今から18年前の1996年の作品となり、アニメ版では現代に合わせるために今年まで発売されていたガリガリ君をシチュー味を出したり、LINEでやり取りするシーンなど一部アレンジしているそうです(卓球のラバーも時代にあわせているそう)。

ちなみにこのアニメ、AfterEffectsで全部編集されているのかと思いきや、Flashで制作されているとか(!)
いやはや、これには驚きました。

https://www.youtube.com/watch?v=R2IrtoAkUkk

公式サイト
http://www.pingpong-anime.tv/story/


クレヨンしんちゃんでアニメ監督をされていた湯浅監督の絵のタッチが原作の独特なタッチに似ていたため、今回のアニメ化で声をかけられたとのことですが(リンク先参照)、これが見事に的中。

アニメ版「ピンポン」
松本大洋と湯浅監督の対談
http://natalie.mu/comic/pp/pingpong_comic

後、キャラの心理描写や動きのテンポが気持ちよく、又BGMが最高にいい。

音楽を担当したのは牛尾憲輔というアーティスト(エンジニア?)で、電気グルーヴ、石野卓球をはじめ、様々なアーティストの制作、ライブをサポートした実績を持つ方だそうです。

今回、彼をこのBGMを通して知ることができ、早速作業用BGMとしてお供させていただこうと思います。

ピンポン COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥25,952から
(2014/9/30 23:24時点)




因みに私は先々月までニコニコ動画で一挙に放送していたため、
全エピソードをまとめて見たのですが、これがホントに面白かった。

いまどきの萌えアニメばかりで正直もういいよって思ってたところだった為か、逆にこの絵が新鮮に感じたのがよかったみたいで、スポコンなだけにそれぞれの登場人物の挫折や成長劇を淡々と進むのですが、このテンポがスムーズに続き、
一話一話あっという間にすぎてしまうくらい見入ってしまう。


ここまで作品の紹介と前置きが長くなりましたが、本題の挫折について戻りたいと思いまして、
挫折を味わう瞬間の一例としてあるエピソードを紹介したいと思います(長ぇよ)。

登場人物の中にアクマという、ペコ(主人公)の幼馴染であり、幼少時代から卓球道場をともにした人物がいるのですが、
道場のときからずっと下に見ていたスマイル(ペコをヒーローと信じて卓球を続けている友達)に手も足も出せずに完敗してしまうシーンがあります。

ここから一部ネタバレが入りますのでご注意を。
※まだ見ていないかたは下の線で引いた部分を飛ばして読んでください




--------------------------------------------------------------------

試合中、アクマが必死にもがく姿と心の中で言う台詞↓


「どこで間違えた?」

「一体何に躓いた?」



彼は誰よりも血反吐を吐くくらい卓球に人生を賭けて努力した人物であり、卓球をやるために生まれたと信じていただろうと思います。

しかし、スマイルの圧倒的な実力をつきつけられます。


そして、完敗した直後にアクマが


「俺は努力したよ、なのになんでお前なんだよ!」

「ペコに勝つために! 風間先輩に認められるために!」



と叫んだ後に、
スマイルからの一言







「それはアクマに卓球の才能がないからだよ」






ドーハの悲劇
※画像はイメージです
------------------------------------------------------------------------

このシーン、リアルタイムに見ていた多くの人が"うわぁぁ…(´:ω;`)"と思わず共感したんじゃないでしょうか。


凡人にとっては、あっさりと冷たくも冷静な一言が一番「ささる」。


結局、才能がものをいう世界なのか。


単純に努力だけではどうにもならないという、"持つ者""持たざる者"という運命の二極化された運命をつきつけられる冷酷無慈悲な現実。


アクマのように、自分にはこれしかないという者を確信を持って疑いもせずただひたすら人生をかけて努力してきた人たちにとって、この現実はあまりにも残酷すぎる。


だからといって、すぐにこの辛い現実を受け入れるにも時間を要するし、

しばらくは放心状態か自暴自棄になるのが大半じゃないでしょうか。



…ええ、自分にもいやというほど思い当たりますよ。

しかも、放心と自暴自棄を交互に行き交いしてずっと繰り返しているという有様。



現に自分が毎日何かに一生懸命に打ち込んでいたかといわれると、ぶっちゃけ耳が痛い話であると言い切れない自分がいる。



ただ、自分にもかつて確かにこれだけは負けないと信じていたものはありました。


絵を描くことです。


あのころは頭からあれこれ浮かんでくるイメージを自由に描いていた。

徹夜してでも描き続け、気づいていたころには夜が明けているほど霧中に描いていた。

絵の上手い人がいれば、やたらとライバル心をむき出しにしてでも描いて賞をとり続け、

常に絵のことばかり考えていた。



…が、しかし。



いまやそんな姿は見る影もない。



現にあるのは、現代の仕事と突きつけられている現実(壁)に対峙したまま

停滞している"あのころ"とは程遠い、見る影もない醜い自分…(失望)


描くのが嫌いになったかといわれると、正直良くわからないというのが本音です。

しかし、描きたいものがあれこれ思い浮かんで自由に描くほどの想像力は確実になくなったことだけはいえる。




悲しいけれど、これもまた「現実」


そろそろ、デザイナーとして生きることから切り替えなければならない時期にきているのでしょうか。


この答えは、結局自分で見つけるしかなさそうですが、

それまであとどのくらいもがけばいいのか分かればいいと望むばかり…



「…海、いくか」

NDK24_yuuguregonohamabe500-thumb-753x500-2804.jpg
スポンサーサイト

挫折という名の"経験"を通してどう生きていくのか?

こんばんは、きすくです。

さて、みなさんはこれまでにどんな挫折をされてきたでしょうか?

無論、人の数だけ多くの挫折体験を聞くことができると思いますが、そのときの心境って


"無力感"

"失望"

"自分の不甲斐なさ"

"喪失感"


といったように自信を失いますよね。

自分が出来るやつだと思っていたのに総スカンをくらったこととか、自分の失態により大損失を出してしまい、会社にいづらくなってしまったこととか、長年この人しかいないと思って付きあっていた人と分かれることになってしまうとか。

いろんなことが思い当たるけど、ここでは書ききれないほどいっぱいあるわけで。

おそらくこの世に挫折をしたことがない(自覚がない)人なんているのかぐらい探すのが困難な話でしょうし、かなり壮絶な人生を歩んでいる方が実際に結構な数ほどいられると思います。


これらの挫折経験が一時的なものであって、そこから自分で乗り越えられるならまだいい。

けど、それが心の傷となって一生引きずり、自身のこれまでの行動に大きく影響してしまった場合はどうでしょう?これほど辛いことはないかと思います。


因みにきすく自信もトラウマというか、自信の独特な思考や感性のために生きづらく、今後の生き方としてかなり思いつめている状態です。

とはいえ、当たり前に体を動かせているうちがまだマシということに気づくのも又先のことなんでしょうが…

ただ、このブログで散々ネガティブ志向を愚痴グチと書いてきたわけですが(数えるほどでもないかもしれないが)、
当然時間は戻ってこないし過去は変えられないのも承知なわけで、不幸自慢・傷口のなめあいをいつまで続けるんですか?っていうのもありまして。


そこで。

こんな本を紹介したいと思います。

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話

新品価格
¥1,512から
(2014/9/29 00:36時点)





さて、この本の著者(坂口さん)ですが、学生時代にバックパッカーをされており、その後NPOにて就職されたんですが、一定の同じところで仕事を続けることが困難でうつ病になってしまいます。

さらに追い討ちをかけるように、夢であった小説家とミュージシャンの道も諦めざるをえなくなり、当時付き合っていた彼女とわかれて、自殺を図るまで追い詰められてしまいます。

そんな彼が「人と会うのが怖い」と感じてしまい、一時は「鬱がなおるのが怖い」とまで思うようになってしまったようです。

そして、今後就職すること自体が困難だということで、彼なりに自分で生きていくための方法を模索していくのですが、そこから彼の自由なライフスタイルを築き上げるまでの紆余曲折が始まります。

ここまで読んで、彼の人生について興味のある方はぜひ手にとってもらえたらと思います。



きすくの感想として、率直に”あこがれる”の一言でした。

まず、バックパッカーの経験があるし、しかもあえてリスキーな場所で(しかもあの"あいりん地区"で)逃げられない環境にしてまで追い込みながらも目標をしっかり立て、鬱を克服し、自分の力で稼ぐまでに結果を出したこと。

これが本当にすごい。

しかもこれ、明らかに後ろ向きな挫折体験なんだけれど、逆を言いうと、その経験がなければ今の自由なライフスタイル(因みにwebビジネスで食べているそうです)にたどり着くことはなかったというのが、もうね。

彼にとっては自由を手に入れるために必要な"通過点"だったんでしょう。

又、これを教訓として、
挫折を失敗・なかったこととしてみるか、あくまで「経験」または「ひとつの通過点」として捉えるか。

この意識の差が結果的に自分の人生をよくしていくか、ひたすら落ちていくか分かれていきそうですね。

他にも感想で書きたいこともありますが、ネタバレにって殆ど読む意味がなくなっちゃいますし(って、殆どネタバレやんけ!w)、ここまでにしときます。


もし、今うつ病で苦しんでいる方や精神的に追い詰められている人がいたら彼の苦しかったことが共感できると思います。

又、のちに成功する彼のライフスタイルにあこがれる人がたくさんおられるかと思いますが、
私もご他聞に漏れず(笑)、彼のサイトを拝見しておりますw

学校や社会では教えてられないけど、自身にあった"生き方"あるいは"哲学"は、
結局のところ自分で見つけて手に入れることなんだと改めて感じます。


後、きすくがもっとも耳が痛いどころか精神的に痛いと感じたのが

”決断する”

”逃げない”

”目標をたてて、結果を出すまで全力でとりくむこと”


でした。


これ、一見人から言われて当たり前のことでしょ?っ手思われているけど、実際にちゃんと行動と結果を出しているかといわれるとそうでもなく、どこかしら”妥協(惰性?)”している部分があり、やることが中途半端になっている状態でして…


…こんなんじゃあ、先が見えてますよね。

先送り、行動が遅い、決められない、優柔不断が
「成功から妨げる不幸な要因」ということに気が付いていない。


チャンスは待ってくれないし、
時間は有限。

そして、今このブログで書いている時間も経過すれば日数どころか秒単位で埋もれていく。

睡眠時間をむやみやたらに削ればいいってわけじゃないし、自身のパフォーマンスを最大限に生かすためのリズムはキープしないと体の不調で作業が遅れてそれだけロスになる。

悲しいことに、こういったパターンを自身がこれまでにやってきてしまっている。


自覚はあるけど意識・行動が追いついていない。


結局、きすく自身は今の現状から変わりたくないのか?

危機感が足りない証拠だなぁと反省。
関連記事

今後の生き方の見直し(せざるをえない)…

こんばんは。

何事も続けるということがなかなかできない"ダメ人間"まっしぐらのきすくです。



突然ですが。

ある日、仕事先の人から言われた事で、「やはりここまできたか」と思いました。

具体的な内容は書けないのですが、簡単に説明すると

自身のスキルの要となる基礎部分を指摘されたとだけ申し上げておきますが、

どちらにせよ時間の問題であり、いずれ指摘される時が来るとは分かってはいました。


かつてきすくはブログで美術大学出身であることを書きましたが、

就活~大卒以降は特に趣味や気晴らしなどで絵を描き続けていたわけではなく、

自身が大学で専攻していたデザイン学科という理由だけをもとに、絵を描く・デザイン職を希望し、就職しました。


しかしながら、当然仕事なので自分にとって苦手なジャンルであれ、

さらにそこに生活がかかっている分やらなければならず、

自らを奮い立たせ、"いやいやながらも"描いていました。

そして、いつのまにか"やらされている感"で仕事を請けるためにそれが習慣化していき、

次第に絵の関心も薄れていきました。

仕事と趣味を一緒にするなという話を聞きますが、まさに自身が該当していたようです…(-_-;)

(もはや絵を描く行為自体見る影もない…)



これは一体何を意味するか?

言うまでもなく、


絵を描く能力(デッサン力)が衰えたことを意味し、

"仕事にしていくための必要な能力の低下"

を宣告されたということです…


プロのスポーツ選手で言う"戦力外"ほどには至っていないものの、

昇給できるほどのスキルどころか、それ以前にルーキーなみの能力ですよと言われたのとほぼ同じことです。




無理もありません。

現に、仕事以外での努力も含めて怠っていたのですから。

遅かれ早かれ時間の問題だっただけで、この時期になって結果が明るみになっただけのこと。



こうやってみると、改めて"筋力"と同じですね。

(って、自分のことなのに冷静に書き込んでいる時点でどうよ?と自覚しながら)

基礎体力がなっていないと全体の筋力を上げようにもできず、すぐに息切れしてしまうし、

仮に気持ちはあっても体が付いていかなければせっかくの意欲も薄れるわけで。

極めて単純な事だけど、基礎的な部分というのは大事という当たり前のことを改めて痛感させられたということです。

…と、当の本人はまるで人事のように書いているが。



別に大事という程でもないです(他人からしたら)。

今日まで自身が怠っていたこと・向き合ってこなかったことに対して逃げようがないところまで

来てしまったということだけであり、当然の結果と言えます。



「これからどうするの?きすくよ。」

「これ以上落ちたらどうにもならなくなるぞ」



はい。


おそらく現在、きすくは岐路に立たされているんだと思います。

…というか、もう"危機感"の薄さと自覚のなさがまずい。


自分の力で食べていく器量が落ちて今後の生活が危ぶまれているということだろうが!。

このまま"破滅の脚本"のままバッドエンドで幕を閉じたいのか?



――しかし、軌道修正するタイミングすら分からずに

あれよあれよと引きずってしまい、今日に至るというオチ。

せっかくの転機を転機とすら気づけずに自ら目の前のチャンスを逃しているようなもの。

というか、「現在進行形」で逃している。


正確な情報も取捨選択できず、限られた狭い価値観の中で判断を下し、

ミスしたときに咄嗟に判断できずに軌道修正するタイミングを逃すこととなり、

さらには、弱っている状態に上手く付け込んで"洗脳"してやろうと悪意をもった連中に引っかかり、

自信を失い、悪循環に嵌ってしまう。


そして一度そこに嵌ると、自分が自信を失った切欠から「どうして自分だけが~」「どうしてこうなってしまったんだろう」という原因探りをはじめ、

原因どころか"言い訳"探しを始めだす始末。


こういった"ゆでガエル"状態というのは、実はもっとも危険な状態。

とりわけ、この状態は「自分」という砦を守ることを"放棄"していることと同じなので、

自ら首を絞める行為をする"自滅モード"に走り出す。


さらに自分に追い討ちをかけるかのごとく…orz↓
この漫画を読むとさらに気分はブルーどころか真っ黒へっっ!!(><)

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

新品価格
¥5,999から
(2014/9/27 00:54時点)





断言します。


今さら自分でやってしまったことだからある程度は自業自得ですが、あまりにもやりすぎると

かつて自分が好きだったものが嫌いどころか

「一体自分が何が好きで楽しかったのか」が分からなくなります。



だからこそ言います。



今、他人事ながらたまたまとおりすがりに読んでいる人+自分自身へ。
(急に他人を巻き込んでしまいますが)



あるいはどこかで気持がむず痒く感じているなど違和感を覚える人は

今すぐ以下の行動をとってください。




①先ずは"自己卑下"をやめなさい。


でないと、


本当に自分が何だったかが分からなくなります。

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

新品価格
¥535から
(2014/9/27 01:01時点)





さらに"警告"します。


今現在、


・引きこもりを続けている人(親と同棲中)


・自傷行為を続けている人


・社畜生活であると自覚している人


・仕事と家が往復になっているだけの生活の人(または、学校と家のみ)


・このブログを書いた"張本人"




あらかじめ断っておきますが、当然あなたと私は顔を合わせていないうえに見ず知らずの他人ですし、

ましてや今日一日で「おまえに俺・私のなにが分かるんだこの○○!!(激昂)」というのは当然言いたくなるのは分かります。

というか、このブログをかいている本人がまさにやっている状態だからです(苦笑)。

過去に戻ってやり直せるなら修正したいし、そのまえに生まれたことすらなかったことにしたいくらいだし。
(そもそもマインドが変わらないから)



半ば脅しをするような言い方になってしまいましたが、

人間は目の前にある危機感や飢えに対して身近に感じるか、まさに"身にしみて"いる状態でなければ

なかなか行動できない生き物です。



とりかえしのつかないうちに。

しかし、この言葉がなかなか浸透しないのが歯がゆいけど、




「今」


「できる範囲で」


「行動」


「しなさい」。



行動してみることで人生は開ける―まず、できることから、やってみる (PHP文庫)

新品価格
¥555から
(2014/9/27 01:03時点)



行動の前に、"でも…""だって~"は

あなたが「今まで」そして「今も」さんざんやってきたことです。


ということは、「これからも」同じ過ちを繰り返すこと=変わらないことを意味します。


先ずは、騙されたと思って行動すること。

はじめは3日坊主でもかまわない。

そして、続かなかった自分を"責めない"。


責める行為は「これまで」飽きるほどやってきたことであり、死ぬ直前でも"いつでも"できます。

そして、死ぬのもいずれ"自然に"やってくることであり、自ら望むまでもなく死ねます。



③「本・マンガ・小説・映画」を読みなさい(見なさい)。

最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]

新品価格
¥3,063から
(2014/9/27 01:04時点)




とりわけ特に趣味もなく、ムダに時間を過ごしているという自覚のある人。

その上、ジャンルが偏っていて価値観がせまいと思うのならなおさら読むべし。

注)ただし、エ○ビデオや一時的な自己満足しかやっていないという該当者は
 これまで手にとったことのないジャンルに手をつけてみること!!最初は寝てもかまいませんが、
 最低一週間はねばってみましょう(強制)。



LIFE!/ライフ [DVD]

新品価格
¥2,300から
(2014/9/27 01:05時点)




それと、ネットしかみないのはNGです。

なぜなら、ネットだけだと自分の興味範囲"しか"見なくなり、偏った情報になってしまうためです。

N○Kの集金など面倒くさいことは避けたいがためにテレビを敬遠している人も多いと思いますが、

たまには見てみるといいでしょう。集金の撃退方法はネットで調べれば幾らでもあるので割愛しますが(ようつべetc)。



④一日・最低一週間でも「人と会話すること」。

中には平気な人もいるかと思いますが、人間やはり感情の生き物ですし、
会話しない状態が続くと言語能力(コミュニケーション能力)が当然衰えます。
いざ必要となる会話のシチュエーションや語彙力、とっさの判断力など鈍るため緊急事態に対応できなくなり、
結果的に自分の首を絞めることとなります。



⑤さいごに、運動を「やめないこと」。

日ごろ当たり前に体が自由に効くとは思うな。
いずれ"その時"が来たときになっても時間は二度と戻らない。


以上。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2014/9/27 00:58時点)


関連記事

ネガティブの権化

改めまして、きすくと申します。

仕事の関係上不規則が続いているため、日ごろ良く眠くて
サプリメントや睡眠導入剤を利用しています。

夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!|ネムリス-nemlis





自己否定と向き合いながら、何とか日々をこなしております。

しかしながら、これまでたいした経験もつまないまま中途半端に生きてきたことがコンプレックスで、
心療内科を初めメンタル系のカウンセリングをいくらか通いつづけ、病院を変えてばかりいる日々でした。

また、人間関係を築くことも苦手で、多くの人と何かしら交流を持つように心がけて入るものの、
そこまで熱心に突っ込んで人と深いふれあいをしているというわけでもなく、特に自分から積極的に
何か開拓していったわけでもないのですが…


自身に一番かけているもの。

・熱意、情熱

・アグレッシブさ(積極性)

・自発的な動機

・ポジティブ精神

・お金や社会に対する厳しさの自覚

・社会的マナーもろもろ


etc...



たぶん、埒が明かない。

おそらく自身はネガティブの"権化"として生まれてきたといっても過言ではないのかもしれない。

けど、本当はもっと楽しかったことや達成したことがあったにもかかわらず、つねに悪いことや失敗、挫折などマイナスの思考にどっぷりつかっている期間が長いためにいつの間にか忘れてしまっているのだけともいえる。

自分を安く値打ちして否定し続けたがために、当然いくらかのチャンスすら気づけず逃したままで今も継続中なんだろう。

だいぶ前に、”自分を恨む(または自分が嫌い)”という言葉で検索したのだが、どこかのHPをたまたま発見し、拝見したのだが、結局のところ「自分のことがわかっていない」という結論にたどり着くらしい。

精神的に自立し、大人になりたかったらきちんと日常のやるべきことに向けて行動し、自分のことには責任をもち、生活をなりたたせることなどといったことがかかれていたような(かなり改変もしくは捏造?してしまっているはず…(汗)。

そういえば仕事先で、年齢とスキルの高い人に”マネジメント”のスキルを磨くことと教えてもらったことがあったな。

ということで、不規則な悪習慣を正すことが先決かと思われ。

いや、自覚はあります。


まずは基本的な習慣から。

次に「断捨離」。

過去の清算・棚卸(くりかえし→年末決算のごとく)。

運動・ジム通いの継続

金銭感覚の見直し

メンタルマネジメント

…まだ思いつくことはあるが、一旦はこれまでにしておく。


頭でごちゃごちゃ考えて何も手につかないことは本末転倒。

悩むなら体を動かせ

以上。

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

新品価格
¥2,160から
(2014/9/10 00:21時点)


関連記事
最新記事
プロフィール

きすく

Author:きすく
■動画職人(アマチュア)

・年代(バブルはじけた直前)

・血液型で人を選別する人間は嫌い

 (4つの型で人間が選別できるほど単純か?)

・好きな映画(ジャンル)、本
 主に考えさせられるもの、ミステリー(謎解き)、ドキュメンタリー、サスペンス、ホラー系、一部SF
「2001年宇宙の旅」「メメント」「SAW(Ⅰ)」「AKIRA」「MEMORIES」「鴨川ホルモー」

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
6881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
1043位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。